バーミンガム・ヒッポドローム劇場

イギリスで最も公演数が多く、ロンドン以外のエリアで最も人気のある単体シアター、そして世界レベルのステージでもある バーミンガム・ヒッポドローム劇場は、13年前の改修工事以降1,000回以上の公演を経て、劇場のメインステージは裂け目や割れ、表面の波打ちが目立ち、早急な修理を必要としていました。そこで、新製品のハーレクイン・スタンドファスト・ビニールフロアが1,200万ポンドを投入して設置されました。

ハーレクイン社の職人達は、まず初めにステージの床を剥がし、剥き出しになった梁を修理しました。それから630㎡に渡ってハーレクイン・スタンダード・ビニールフロアを敷き、ステージを新しく蘇らせ、オーケストラ演奏者席も新品同様に修復しました。ビニールフロアに熱溶接技術を用いることで、表面に継ぎ目の無い手入れの簡単な表面仕上げが実現し、あらゆるジャンルの過酷で荷重のかかるダンスにも耐えることができるようになりました。

ハーレクイン・スタンドファストは非常に持ちの良い耐久性に優れた製品です。あらゆるジャンルのダンスに半永久的に使うことができ、重い舞台装置を用いる場合にも適しています。固さがあり表面が滑らかなあらゆる材質の下床材の上に取りつけることができ、表面をビニール製のフロアで覆うことで素晴らしい仕上がりになります。バーミンガム・ヒッポドローム劇場では黒で表面仕上げをしました。それと併用して、時と場合に応じてポータブルフロアをその上に敷いて使うこともできます。この用途への柔軟性や適応性がハーレクイン・スタンドファスト・ビニールフロアの特性でもあります。

2012年8月25日〜9月26日の4週間、劇場は工事のために一時的に閉館しました。フロア設置の工事は無駄なく効率的に問題なく進められなければなりません。ハーレクイン社の豊富な工事経験を生かし、きっちりと決められた工事手順に従って作業員と連携を取り、最初から最後まで顧客へ焦点を当てることを忘れず、製品性能を念頭に置きながら現場の先頭に立っています。「設置工事チームは実に見事でいつもこちらの質問にも即答してくれました。こちらのリクエストにも耳を傾け、我々の他の仕事も容易になるよう手助けしてくれました。」バリー・ホープ、バーミンガム・ヒッポドローム劇場テクニカルマネージャーは言います。「短い工期にも関わらず一生懸命作業をしてくれました。切迫した様子は微塵も感じられなかったです。」

すっかり新しくなったバーミンガム・ヒッポドローム劇場は、これからもオペラ、バレエ、パントマイム等幅広いジャンルのプロダクションから主要な公演会場として認められていくに違いありません。今ではハーレクイン・スタンドファスト・ビニールフロアの舞台は、100年以上経つ歴史的な劇場のモダンな外観とマッチしています。バーミンガム・ヒッポドローム劇場は今後も世界レベルのステージにふさわしい新しい場所としての役割を果たしていくことでしょう。